北川礼子「真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子」

真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子

真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子

出演者: 北川礼子
シリーズ:
メーカー: マドンナ
ジャンル: 熟女 人妻 スレンダー 痴女 単体作品 デジモ 独占配信 ハイビジョン


息子の良太を夫のような成功者に育てたい一心で厳しく育ててきた教育ママの礼子。しかし良太はうだつが上がらず、更に旦那ともご無沙汰でストレスも性欲も溜まる一方。そんな時、良太の部屋にあったエロ本をこっそり読んでたら抑えていた性欲が爆発してしまい…。そこへ偶然訪れた良太の親友・敦が彼女の痴態を覗き見てしまう。今までの反動から、タガの外れた礼子は叱るどころか、本能のままに彼のチンポを弄り出して…。※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。
特集:

ライブチャット 人妻フロアでキャンペーン中!

真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子 真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子

「真面目でお堅い友達の母・礼子さんは僕の金玉がすっからかんになるまで精液を絞り取るほどの超絶倫だった…。 北川礼子」の続きはこちら

密着と愛撫のエロス…グラマラスな二人の女性が魅力的に表現する性別を超えた愛情と性欲の交じり合いの世界…ボディーラインそのままに密着し、舐めあい、カラみあいキスをする…。お腹が痛いという男を家に呼び…。いつもは見下している男からクリトリスと膣内を触られ、オマ●コは濡れてしまう。ギャルっぽいしゃべり方も緊張からかシャイな様子が伺える。ジーンズ姿のまる尻OLがオフィスで爆裂FUCK!周りはもちろん、隣には同僚もいるのに声を押し殺してお互いを求めあう客。シリーズ第5弾!第1弾は、当店人気no.1!スレンダー美脚の北川礼子。夏の開放感に身を任せ、勢いのままにハメまくり!!
彼女の心と肉体が本当に求めるSEXをガチンコで見てみたい、撮ってみたい!しかも中出し解禁作!『ザーメンぴゅるびゅる出すとこ見せて!』AV撮影現場…男なら誰もが股間のテントを張り巡らせる事のできる夢のような現場。最初は怪しんだが謝礼金額を聞いたらスタジオへ来ちゃいました。DMMアダルトアワード2015最優秀女優賞を獲得した僕らの女神が帰ってきた!推定170cmGカップBODYの超逸材を大発見!!監督もモデル顔負けのペニスを勃起させて、カオル君のフェラチオの食感を伝えております!超高画質で撮影した濃厚SEXを見られちゃうのは、北川礼子ちゃん、Jカップ、22才。本シリーズの奥さんはただかわいいだけのお嫁さんではありません。
ギャル語全開のイタズラ御奉仕で、ザーメンが空になるまで搾り尽くされる!!気品と優しさと経験を積み重ね熟した牝たちのフェロモン大放出!何日も風呂に入っていない男の肉棒をピカピカにお掃除。2014年に発売された撮卸全48タイトル完全収録!騎乗位で腰を振りながら喘ぎまくり絶頂。彼女のために自宅でフルコースを振舞うコック、愛する人の代わりになり思い人と一夜限りの関係を持つマネージャー、彼女のために慣れないながらもケーキを作る厨房見習いの、聖なる夜に恋人と甘く切なく愛し合う物語。街で声をかけられ『痴漢撃退法の体験モニター』にやって来た素人娘たちがつり革を設置された空間で痴漢体験!中村さんの第2章はほろ酔いお泊りデート。ずっとガマンしていた自分の気持ちを抑えることができなくて大好きな妹と…。